アロマとは

about-aromas それが知りたい!

アロマの意味

アロマは、Aromaと表記し、ラテン語で”芳香ほうこう・香り”を表す言葉です。
心地よい香りは、心と身体に安らぎを与えてくれます。また、香りを楽しむことはリラックス効果をもたらし、病気やケガなどを治す自然治癒力を引き出すのに役立つと言われています。

精油とは

精油は、花や樹脂などから抽出したオイルのことで、エッセンシャルオイル(Essential Oil)と呼ばれています。
その種類は、200種類以上あり美容やリラクセーションなど日々の暮らしに取り入れられています。また、病気を事前に防ぐ予防医学など医療分野でも研究されています。
主な精油には、香水にもよく使用されるラベンダーや肌のアンチエイジングで話題となったフランキンセンスなどがあります。(おすすめアイテム欄でご紹介しています。)
それぞれの精油については、アロマ辞典で情報を発信していきます。

精油を使用するときは原液のままでは刺激が強すぎるため、必ず薄めて(希釈きしゃくして)使用します。精油を薄める材料を基材と言います。次の記事で、基材と希釈濃度についてご紹介します!

アロマテラピーとは

アロマテラピーは、 アロマ(aroma)とセラピー(therapy)を合わせた造語で、aromatherapyと表記します。
古来より人々は、植物の恩恵を受けながら生活してきました。今日でもその知恵は受け継がれ、世界中で植物を用いた民間療法が発達しています。
日本では、風邪のひき始めにはショウガ湯やダイコンアメ(ダイコンエキスにハチミツを入れたもの)を飲みといいなどの民間療法があります。
植物から抽出した精油の香りを楽しんだり肌に使用することでリラクセーションや自然治癒を促す療法がアロマテラピーです。

おすすめアロマアイテム

真正ラベンダー精油10ml

真正ラベンダー精油スプレー10ml 富良野

フランキンセンス精油(Boswellia Serrata)

フランキンセンス精油(Boswellia Carterii)

SNOOPY!アロマストーン

香りを持ち運ぼう!ステンレス製アロマペンダント

次回もお楽しみに!

コメント

Copied title and URL